40代で肌荒れが気になるならイソフラボンを摂取するのも手段

40代で肌荒れをしてしまう原因は、1つにコラーゲンの減少が挙げられます。

 

肌の基礎となる真皮は7割ほどがコラーゲンによって出来ています。このコラーゲンにより、肌のハリおよび弾力が維持されているのですね。

 

年齢を重ねていくと、肌が新たなコラーゲンを生成する力は徐々に弱まっていくものです。生成や分解を繰り返していくコラーゲンは、通常でも活動がゆっくりとしています。

 

加齢することで、その速度はより遅くなる点も知っておく必要がありますね。劣化をしたコラーゲンが多いと、肌のハリが維持しにくくなり、たるんでいるように見えてしまいかねないのです。コラーゲンの減少により、肌のたるみおよびシワ、目元のくぼみなどが目立ってしまうのですね。

 

また、加齢と共に身体の新陳代謝能力も落ちていき、肌のターンオーバーも遅くなりがちです。40代を過ぎると通常よりも2週間ほどターンオーバーがかかってしまいます。

 

40代ともなれば、女性の美しさに関わってくる女性ホルモンであるエストロゲンの分泌もとても減ってしまい、卵巣の機能も段々と衰えてきます。

 

ホルモンバランスが乱れて、肌の調子が悪くなったり、ずっと紫外線を浴びてきた影響も出てきてもおかしくない頃でもあるでしょう。

 

40代でもエストロゲンを増やすには、サプリメントで大豆イソフラボンを摂取する手段もあります。麹菌で醗酵させた大豆イソフラボンが使われているサプリメントもありますので、ご利用になるのも選択肢ですね。