光目覚まし時計を利用

更年期にはいると、色んな不調が出てきますが、朝起きる時の目覚めが悪くなるのも更年期の症状の一つと言えるでしょう。

 

朝の目覚めが悪いと、日中の仕事や生活にも差し支えるのでなんとかしたいところ。

 

更年期で朝の目覚めをよくしたい場合には、光目覚まし時計を利用するのも手段です。

 

これは、部屋を光で照らして脳を起こしてあげて、自然に気分良く目覚められる時計を使う方法なのですね。更年期になると自律神経が乱れる方も多いため、例え朝日を浴びたとしても起き辛くなってしまうのです。

 

また、軽い運動をして多少疲れて就寝すると、しっかりと寝ることができるのではないでしょうか。無理なく身体を動かすのがポイントであり、一駅分を歩くだけでも効果があるでしょう。

 

それに、ブルーライトは睡眠の妨げとなるので寝る前にはパソコンやスマホを見ないことも大事になってきます。寝付きの点でも大事になってくるのですね。さらに、心地の良い音楽を聴くことや照明の明るさを落とすなども、スムーズに入眠ができて朝のすっきりとした寝覚めに繋がると考えられます。

 

朝の目覚めをよくしたい更年期の方は大豆摂取も手段!

睡眠ホルモンとされている脳内物質メラトニンが増加すると、睡眠の質が向上するとされています。

 

メラトニンの増加には、脳内物質のセロトニンが必要となりますが、それには材料のトリプトファンという物質がなければいけません。

 

トリプトファンは体内で生成されないので、食事で補うこととなるものの、大豆製品などに含まれています。

 

炭水化物と共に大豆製品等を摂ると、トリプトファンが脳内に届きやすくなるのですね。大豆製品を摂るなら、手軽にサプリメントで摂るのも一案です。それなら、吸収率の高い大豆イソフラボンが成分として配合されている製品を選んでみるのも1つの手です。

 

イソフラボンのサプリの中でも、人気があるのが華美幸年です。私も飲んでいますが、“華美”と名付けられただけあって、症状の辛さだけじゃなく美肌サポートが何よりも凄いんです。

 

※体験談はこちら

 

生活に差し支えがあるほどひどい更年期障害の場合は、病院で相談するのが一番ですが、そうでない場合はまずはサプリから始めてみるのもひとつの方法だと思います。