更年期になると睡眠の時間はさほど重要にならない

更年期になると、眠れないという症状が起こる事もあります。

 

更年期の症状にも色々とありますが、メンタル面での不調が不眠を引き起こすのですね。

 

メンタルの不調とは、とにかくイライラとするということや、怒りっぽくなる、何もかもが憂鬱になるなどが挙げられます。

 

それに、色々なストレスが加わってくるとメンタルの不調も酷くなってしまうのです。

 

更年期にはうつ病も発症しやすく、それによって眠れなくなるというケースも多いです。

 

そして、メンタルだけでなくのぼせやほてりといった、更年期での体調不良により不眠となってしまう場合も。

 

人間は8時間睡眠を摂るのが理想的とされていますが、個人差もありますし、8時間寝ないといけないわけでもありません。

 

自身がしっかりとした気分で起きられるのなら、6時間でも問題ないのですね。年齢を重ねれば、若い頃に比べて睡眠時間はさほど必要ではない点を知っておきましょう。

 

更年期の不眠の改善策とは?

それでも寝ないわけにはいかないですが、睡眠の質を高めるためには大豆イソフラボンを摂るのも手段です。

 

それは、イソフラボンが自律神経の乱れを整えてくれることで、不眠などの自律神経の乱れで起こる症状を改善できる可能性があるからですね。

 

大豆を食べるとトリプトファンやミネラル、グリシンなどの安眠効果が期待できる成分が摂取できます。大豆イソフラボンを手軽に摂るなら、サプリメントを利用する方法もあります。